2017年6月30日金曜日

7月7日 新規開講! 金・金・金継の金曜日 

追記 2017.8.20
諸事情により、
現在この講座は中止しております。
------------------------------------------------------

お仕事帰りにちょこっと
姪浜で金継を習いませんか?

毎週金曜日 17:00~20:00
(の中で1時間~)

要項はこちら

講師は、九州産業大学や
朝日カルチャーセンターでも漆芸を
講習しているベテランです。

さらに、箕輪漆行(漆屋さん)と提携。
多種多様な材料も手に取りながら選べます。

「金継」は、破損した陶磁器を
修理する・・・
のみならず、
より美しく再生する!
日本独自のすばらしい文化です。

(由来の違う破片をつないだ呼継)


<金継の歴史>

「金継」とは、
破片を漆で接着したり、
隙間を漆ベースのパテで埋めたりして
修繕する技法です。

そうして作ったベースに、
金・銀・銅・錫などの粉を蒔いたり
色漆を塗ったりして仕上げるのです。

つまり、漆芸分野の一部分なのです。

現在知られている金継のような、
継ぎ目を見せる感覚は、
茶の湯の影響です。

利休の教えを記録した『南方録』には
「漆継(うるしつぎ)」の記述が見え、
初期の織田有楽斎「呼継茶碗」(永青文庫HP)は、
漆だけで継いであります。

次いで、当時最も貴重だった銀粉を用いるようになり、
遅れて金粉を使ったものが登場します。
本阿弥光悦の「雪峰」(畠山記念館HP)
などが有名ですね。

もっと源流をたどれば縄文時代まで
さかのぼることができます。

漆の、接着剤や塗料としての利用は
縄文時代に始まりました。

こちらは、東京の下宅部遺跡から出土した土器。
縄文人は、破損した土器を
漆で修繕していたのです。
漆継ですね!!

かように長い歴史の糸でつながれた金継
ではありますが、
やり方を学べば誰にでもできる技術です。

当教室では、漆芸家が講習します。

技法について、「なぜそうするのか?」
という突っ込んだ所までご指導しますので、
ご自分で技法の応用ができるようになります。

器や持ち主の個性に寄り添った
ユニークな金継もご提案できますよ。

7/7(金)開講です。
皆様のご参加をお待ちしております!
(講習風景)

------------------------------------------------------
追記 2017.8.20
諸事情により、
現在この講座は中止しております。



2017年6月28日水曜日

ウルシノキの里親募集!

縁があって育てている、浄法寺のウルシノキ。

落葉樹なので、冬の間は
「単なる棒」、
このままでは生きているのか死んでいるのか
わかりません。

ゴールデンウィークになっても芽が出なかったので、
内心ドキドキでしたが、


出た!

ゴールデンウィーク明けに新芽が出て、
今日、数えてみたら
枝が10本ほどになっていました。

見てください!
↑の子がこんなに!

ベランダ狭しと枝を伸ばす姿は
生気あふれ、気持ちがいいです。

毎日観察するのが楽しみだ~👁

孫生えも分家して育てていますが、
殖えすぎてしまったので、
教室の生徒さんに、
里親募集しました。

筑後や筑豊へ旅立ったウルシノキ、
どのように育つのか楽しみです。

まだ数鉢ありますので、
ご希望の方は連絡ください。


<ウルシノキ里親募集>


*大切にして下さる方
*姪浜または天神の教室に取りに来れる方
開講日時はこちら)
*今後、生育状況について情報交換してくださる方



博多漆芸研究所関係者でなくてもOKです。
うっかり枯らしてしまった場合の責任は問いません。

根っこに土が着いた木を
ビニル袋に入れてお渡しします。

お代はいただきませんが、
植木鉢付でのお渡しをご希望の場合、
実費として¥500~¥1000いただきます。



日当たりと水はけの良好な場所が向いています。
10年で樹高10mほどに育ち、
漆掻きできるようになります。

根っこは木の高さ以上に伸びます。
詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。

うちみたいに、植木鉢で観葉植物的に愛でるのも
良いですね。

秋になれば見事に紅葉します!

かぶれには注意が必要です。
(私はバシバシ触っていますが、
今のところ無事です)

ご質問があれば、お気軽にどうぞ。

担当・マツオイ マサヨ
☎・SMS・・・090-9490-2665
メール・・・mameyacco@gmail.com





2017年6月9日金曜日

講師による作品展とワークショップのお知らせ

来週は博多阪急にて、
作品展&ワークショップを行います。

とき 6月14日(水)~20日(火)
午前10時~午後8時(最終日は午後7時まで)
ところ 7階リビングスペース

詳細は下記からリンク↓

日々の暮らしにつかえるカップや箸から、特別な日の漆器まで、
多彩な漆器を揃えました。

父の日にいつもと違う、ワンランク上のギフトを考えている方にもおすすめです。

綿津見塗杯 7,580円


また、週末にはワークショップもします。

漆器作りワークショップ

内容 沈金ワークショップです。
皆様には、漆面に線を掘っていただき、
作家が漆を使って金を定着させます。
(参加者は漆に触れることはありませんので、安心して参加ください。)

とき 6月17日(土)・18日(日)
各日午前11時~午後6時
随時受付
※お一人様約40分


ところ 7階リビングスペース

参加費(税込) ※素地代・材料・箱代含む
箸 一膳3,240円
ペア5,000円
作例

カップ 5,400円

ぐい呑み5,400円~

作品は当日お持ち帰り出来ます。

皆様のお越しをお待ちしています。